記事一覧

年末によせて

あっという間に1年が過ぎ去り、気が付くと12月〜 28日納会の手締めで初めて年の瀬を実感。。。そんな1年だった。早々と大掃除を終え、賀状も相変わらずの手書きスタイル(苦笑)で一気に。。今は散髪の行列に並びこの記事を書いている。来年は長く取り組んだ業務をたたみ、整理をしながら新しい仕事を創り上げる試練と勝負の年としての位置付けである。負担、苦労も多々〜然しながら光射す。。目と肌で感じることも…未来は結構...

続きを読む

あたたかな風吹くその場所で。。

共同展に出展にかかった週末でしたが、日曜に限り午前と夕方に所用の為、在廊は失礼させていただきました。フリーとなった日中〜やはりというか恒例の真岡参りに。。。本日のハイライトである五行川の水鏡を友人と収め、蒸機を追いかけ一路茂木へ情報不足(苦笑)マラソン大会の規制にかかり途中立ち往生。。。仕方なく(申し訳ない)声出しにまわることにかなり小さく…列車の窓から手を振るサンタクロースは見えるだろうか〜⁉️窓...

続きを読む

晩秋のそらを見上げて

ベットタウン化が著しく、つくばエクスプレスの開通により更に利便性が高まった取手側とは相反するかのように、下館側の常総線は主に単行で運行されるのんびりとした路線である。常総市を中心としたこのエリアは、先の鬼怒川の決壊による水害で打撃を受けたもの一年とかからず見事に復旧を遂げた。三坂地区の面積の大半が水田が占めるが、稲刈りが終わると春までの半年間は荒涼とした風景が広がり、被写体に事欠く正直撮影には不向...

続きを読む

憧れの氏が背後に〜

趣味としてのカメラ、そして被写体として鉄道風景を撮るようになったきっかけは「ゆる鉄」や「一日一鉄」を知り、興味を持ったことが始まりである。車両に対する知識があるわけでもなく、コンデジ片手の駅撮りスタートである。その後FBや写真展、撮影地で交流が拡がり、多くの方々から刺激とアトバイス、時には叱咤激励を頂戴しながら、今日まで楽しく続けさせてもらっている。週末日曜のこの日は晴れ予報〜銀杏の色づきに前日の雨...

続きを読む

霧深き枯れ野に。。

北関東の河川やその支流の周辺では、晩秋から冬にかけての早朝 霧に包まれることが多い。ここ烏山にいたっては那珂川から立ち昇った霧が枯れ野に留まり、陽光との競演で幻想的な風景を魅せてくれる。5月のこいのぼり、田圃の水張り…そして夏の向日葵が沿線の風物詩であることに変わりはないが、敢えて今この時期にかかる霧を老兵キハ最後の活躍の舞台装置として推したいところである。2016/11/13 烏山線 鴻野山〜大金間...

続きを読む