記事一覧

真岡早春賦〜

庭の梅の花もほころびはじめ、足元の枯葉の間からは小さな草花が顔をのぞかせる、そして鳥たちの囀り〜日に日に春を感じる季節になった。
北関東では局地的に雪が舞い、ここ真岡でも雪景が広がった。
やがて日の出と共に照らされる陽の光で儚くもあっという間に消えてしまう現実…
春近しである。

重連で沸いた真岡〜
熱気と共にその足を早めやってくるような…
汽車を待つ暫し時、麦畑をかける風に感じた。
2017/02/19 真岡鐵道 七井〜益子間
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント