記事一覧

冬の大地を駆ける


今年3度目の北信州行〜明け方過ぎから貴重な冬の晴れ間がのぞいた。
山上からの陽の光で温められた大地を滑り降りるように小さな車両が駆けていく。
肌刺す風に真冬の凍える寒さは感じない。
嗚呼…待ち遠し春の風、嗚呼…恋し春の薫り

2017/01/29 飯山線 上境〜上桑名川間
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント